専任教員

Professor

上野 広治教授 人間科学専攻 スポーツ科学コース

担当科目
コーチング学特講
特別研究

専門分野

コーチング学

特別研究の研究領域

コーチング学とは「体育・スポーツの指導実践に関する研究」を行う学問分野であり、個別科学の研究成果を評価し統合して、実践指導に活かす役割が求められます。このことから、先行研究を精査した上で体力面、技術面、心理面等、実践指導に関わる問題を提起します。その問題を解決するための研究方法をスポーツ科学における個別科学領域から選択し、得られた研究成果を実践指導に適用する方法について、さらに検討を進めるのがコーチング学の研究領域になります。

特別研究の指導及び研究上のポイント

コーチング学における研究は「研究成果を実践指導に適用」するところまで、継続的に検討することであり、例えば研究成果をアスリートやコーチに解り易くフィードバックするまで研究を継続することが求められます。すなわち、先行研究を精査した上で問題を提起し、個別科学領域における研究方法やデータ処理方法を学修すること、さらに研究成果を実践指導に活かす学修が課題となります。

特別研究の進め方

基本的にはレポート形式、面接指導、プレゼンテーション等により、研究を進めます。また可能な範囲で夏季、冬季、春季休暇期間を利用し、個別科学領域における研究方法の演習も実施していきます。1年次前半は先行研究の収集と研究テーマの決定、研究方法の検討を行い、夏季は研究方法の演習、基本的な統計処理方法の学修、研究計画の発表を実施。1年次後半から2年次前半で実験、測定、調査等、研究の実施、およびデータ分析を行い、夏季の中間発表を経て、2年次後半は論文を執筆(修士論文提出)することを想定しています。

指導・研究における特色、プロフィール

これまでに競泳日本代表監督として、コーチングやチームマネジメントを行い、多くの国際大会においてメダルを獲得。現在は日本水泳連盟副会長として強化統括を行うと共に、日本オリンピック委員会本部役員として国際大会に帯同し、日本の国際競技力向上に努めている。これらの経験を活かし、スポーツ科学部ではコーチング演習等の授業を担当している。

主な学歴

2013年 筑波大学人間総合科学研究科修士課程スポーツ健康システム・マネジメント修了、修士(体育学)取得

主な職歴

日本大学豊山中・高等学校教諭、日本大学スポーツ科学部教授などを経て現職