インタビュー

Interview

加藤 孝治教授 国際情報専攻 経営・経済コース

先生の研究テーマについてお聞かせ下さい。

小売産業・小売企業を対象にした研究をしています。当初は、競合環境の中での小売企業の競争戦略や組織を強くするための組織論(人的資源マネジメント)、あるいは、流通の仕組みの変遷などに焦点を当てた研究に取り組んでいました。その後、小売企業研究を深めていく過程で、国内外の有力な小売企業がファミリービジネスであり、また、日本には同族で歴史の長い長寿企業が多いことから、日本の小売企業の特徴としてファミリービジネスならではの強みがあるのではないかということに興味をもち、最近は、小売業界研究とファミリービジネス研究を組みあわせた領域を研究テーマとして取り組んでいます。

先生の経歴について教えてください。

大学を卒業して、最初は銀行員となりました。銀行員時代には、支店営業から始まり、幅広な経験を積んでいます。その中で、現在に繋がることとなったのが、産業調査部及び本店営業部で小売業界・小売企業を担当したことです。小売企業の調査・営業担当として培った知識が、現在の小売業界研究に活かされています。また、銀行という組織の中で過ごすなかで得た金融の知識を深めることがファイナンス論に繋がり、また、組織の中での経験が組織論(人的資源管理論)にもつながるなど、これまでの経歴に基づいた講義を開講しています。

インターネットを使った通信教育についてのご感想は?

私は社会人時代に、こちらの修士課程・博士課程を履修して、現在に至っていますので、インターネットを使った通信教育の良さはよく理解しています。最大の強みは、学習・研究するための時間的制約、物理的制約がないことです。どうしても、仕事に追われ、時間に制約の多い社会人にとっては、大学院のキャンパスに行くのは、大変なことです。インターネットを使った通信教育を活かし、いつでも学びたいときに学べることは、社会人にとってとても魅力的な学習方法だと実感しています。また、インターネットの仕組みを使うことで、一人で学習するのではなく、仲間のいる環境での学習ができる点も大いなる強みだと感じています。自主的な学習だと、ついついさぼりがちになりますが、インターネットの向こうに先生がいて、仲間がいる環境だと、目に見えない形で励まされ、研究を続けることができます。

オフラインでのエピソードは何かありますか?

論文指導の難しさは、まず、そのテーマを決めるところにあります。これまで指導してきた学生の中で思い出深いのは、自分が何を研究したいのかを特定するのに時間がかかった学生です。自らのテーマ、問題意識に基づき大学院に進み、朧げにやりたいことは分かっているものの、その問題の本質を探るために、どのような研究の切り口で臨めばよいのかがわからなくなってしまいました。具体的にいえば、その学生は家業の役に立つ研究をしたいということで大学院に進んだのですが、いざ、研究に着手しようとすると、そもそも家業はどのようなビジネスなのかを正確に理解できていないことに気付き、事業環境もよくわからないというところからスタートしました。私は、その学生の指導にあたり、問題意識を正確に理解するための時間をたっぷりとって、それが明確になったうえで、論文指導をすることにしました。最後は時間との戦いになりましたが、問題意識が固まったことで、研究内容は目的に沿ったものになっていったように思います。

趣味、休日の過ごし方は?

若い頃は映画を見に行ったり、美術館に行くようなこともありましたが、40歳過ぎに大学院に入ってからは、週末は本を読んだり、レポートを書くために使っていましたので、あまり自慢ができるような週末の過ごし方をしていません。今は、週末に学会や研究会が開催されることも多く、そのような催しに参加することが多くなっています。その分、いろいろな方と知り合うことができたのが、今の研究に役立っています。ただ、これからはオンとオフの切り替えを意識しなくてはいけないなと思っているところです。

志望者に向けて、一言お願いします

よく言われる話しですが、「人生100年時代」になっていることを考えると、いつから始めても遅いことはないのです。それは、趣味のことでも研究でも同じことです。人生を学びの時期(学生生活)、生産の時期(社会人生活)、そして老後という3つの期間に分けるのではなく、生産の時期の途中に学びの時期が入ることもあるし、老後でも学びのチャンスはあるのです。インターネットを活用した大学院での学びは、仕事をしながら効率的に学ぶことができるスタイルです。人生100年時代を過ごすための学び直しには、遅すぎることはないということを気が付いてほしいです。
また、大学院での学習は、人から教わる学びでではなく、自分から課題を見つけ、探求する学びです。自分にとって必要な学びの場を悩みながら、見つけ出してほしいのです。その思いがある人を最大限にサポートしていきますので、恐れることなくトライしてください。

教員プロフィール